ベンゾジアゼピン

https://ndews.umd.edu/sites/ndews.umd.edu/files/Benzodiazepines%20CHI.pdf

 ニューヨーク市の健康情報に「ベンゾジアゼピン系の慎重な処方」がありましたので、翻訳して紹介します。   City Health Information 市健康情報 Volume 35 (2016) The N…

Read More 「ベンゾジアゼピン系の慎重な処方」ニューヨーク市健康情報より

Post thumbnail

 2016年10月14日からゾピクロン(アモバン等)、エチゾラム(デパス等)、フェナゼパム(国内未販売)が麻薬及び向精神薬取締法に基づく向精神薬に指定されました。対象薬品を下記の表1に示します。向精神薬に指定されたことで…

Read More 2016年10月14日からゾピクロン(アモバン等)、エチゾラム(デパス等)が向精神薬に指定へ

引用:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51779

『新たに判明!売れに売れているあの薬の「ヤバい副作用」(週刊現代)』という記事がありましたので、ご紹介します。 ※2018年9月13日に記事のリンク切れを確認しました。インターネットアーカイブにキャッシュされていますので…

Read More 30年遅いんだよ!!と思わず言ってしまうヤバい副作用のお知らせ

Post thumbnail

 Yahoo!知恵袋に「運動すると体脂肪に蓄積しているベンゾジアゼピンが血中に溶け出して、少しだけベンゾジアゼピンを摂取したことになり離脱症状が楽になると思うのに、悪化するのは何故か」のような質問がありました。その答えに…

Read More ベンゾジアゼピン依存と離脱 FAQより ベンゾジアゼピン離脱中に運動すべきか?

Post thumbnail

 ベンゾジアゼピン受容体作動薬とは、GABA-A受容体のベンゾジアゼピン結合部位に作用する薬です。多くはベンゾジアゼピン骨格という構造を持っています(※1)。常用量依存とは医師の指示を守っても連用によって依存が形成される…

Read More 行政がベンゾジアゼピン受容体作動薬の常用量依存を認める