ベンゾジアゼピンに関する裁判傍聴してみませんか?


 平成30年6月28日(木曜日)午後に名古屋高等裁判所でベンゾジアゼピンに関する民事裁判(二審)があるそうです。詳しくは以下のサイトをご覧ください。

 一審の判決内容はこちらご覧ください。

 精神医療に関する裁判は、不利益を被ったと自覚するまでに何年も経過している場合が多く、その立証は容易ではありません。裁判は原告に立証責任があります。被告側は社会的信用、知識、資金、人脈が豊富です。その中で、裁判を起こすまで至ったことに敬意を表します。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です