W-BAD資料を翻訳 | 歴史の概況報告書


 w-bad.orgの資料歴史の概況報告書がありましたので翻訳してご紹介します。


DID YOU KNOW?
ご存知ですか?

WORLD BENZODIAZEPINE AWARENESS DAY
世界ベンゾ注意喚起の日

JULY 11
7月11日


The history of benzodiazepines (BZs), or “benzos,” (Xanax, Ativan, Klonopin, etc.) is significantly controversial:
ベンゾジアゼピン系(BZ系)、もしくはベンゾ系、(ザナックス、アチバン、クロノピンなど)の歴史は大いに議論の余地があります。

※ザナックス=ソラナックス、コンスタンなど。アチバン=ワイパックスなど。クロノピン=ランドセン、リボトリールなど。

In 1988, Upjohn conducted their own study of Xanax for use in panic disorder. It was a randomized controlled trial (RCT) in 2 different cities with like results. Xanax patients (pts) initially improved, but by week 4, improvement stopped. At 8 weeks, drug pts were withdrawn. At the 14-week mark (in the drug group): 35% deteriorated significantly and had to reinstate, 35% had rebound symptoms worse than baseline, and another 35% experienced excruciating new physical and emotional symptoms (sx). Article abstracts in the Archives of General Psychiatry highlighted only the early, positive results of the study. The lead researcher of the study, Isaac Marks, has called the handling of the results “a classic demonstration of the hazards of research funded by industry.”
 1988年に、Upjohnはパニック障害に使用するザナックの独自研究を行いました。2つの異なる都市で無作為化比較試験(RCT)を行い、同様の結果を得ました。最初の内はザナックス患者(pts)が改善したが、4週目までに改善が止まりました。8週目には、薬物患者は離脱しました。14週目には示す(薬物群において):35%が大幅に悪化し元に戻さなければならず、35%はベースラインよりも反跳症状が悪化した、そして他の35%は耐え難い新しい身体的と感情的な症状を体験しています。Archives of General Psychiatryの論文論旨は研究の早期で肯定的な結果だけに焦点を当てています。この研究の主任研究員、Isaac Marksはこの結果の取り扱いを「業界による研究資金提供の危険性の古典的な実証」と呼んでいます。

According to a 2004 report for The British House of Commons Health Committee, pharmaceutical companies have deliberately issued defective info on Ativan in UK Data Sheets. The 1972 lorazepam ‘De Buck’ trial omitted withdrawal seizures experienced by patients after just 3 weeks of use. Notable people who spoke up include Wyeth’s medical director, Thomas Harry.
 The British House of Commons Health Committeeの2004年報告によると、製薬会社は意図的にイギリスのデータシートにアチバンに関する欠陥のある情報を書きました。1972年ロラゼパム「De Buck」試験で患者がわずか3週間使用した後に体験した離脱発作を省きました。声を上げた著名な人々にワイスのメディカルディレクター、トマス・ハリーが含まれます。

Britain’s largest class action suit (1986-96) against a drugmaker saw 16k litigants agree that BZ makers were negligent in giving adequate warning.
英国最大の集団訴訟(1986〜96年)は、ベンゾ製薬会社が適切な警告提供を怠ったと、製薬会社に対して1600人が訴訟を起こした。

Wyeth & Roche slowed legal proceedings to a point where legal aid ran out for plaintiffs and the suit was abandoned.
 ワイスとロッシュは原告の法的支援が満期になり、その訴訟が棄却されるまで法的手続きを遅らせた。

The makers of Ativan today write that the entire class of drugs in general should not be prescribed for longer than 2-4 weeks in their package leaflet.
アチバンのメーカーは今日では、一般的にこの種類全体は2~4週間を超えて処方されるべきではないとパッケージリーフレットに書いています。

They write that withdrawal symptoms like rebound insomnia (meaning worse than baseline) can appear upon cessation in as little as after one week of use.
 彼らは反跳性不眠(基準線よりも悪化を意味する)のような離脱症候群は、わずか1週間使用した後に断薬すると現れる可能性があると書いています。

There are no RCTs showing sustained benefit in anxiety states when they are used chronically on a daily basis. In 1991, BZs were added to The Beers List of drugs potentially inappropriate for the elderly.
不安状態の時に毎日慢性的に使われる時にベネフィット維持を示す無作為化比較試験はありません。1991年には、ベンゾ系は高齢者にとって潜在的に不適切な薬としてビアーズリストに追加されました。

This is in spite of the fact that it’s most widely prescribed to this population, with 8-9% of the elder U.S. population being prescribed.
 これは国民に最も幅広く処方されていて、それも米国高齢者の8~9%に処方されている事実にも関わらず。

Many esteemed individuals, institutions, and government bodies advocate for short-term (2-4 weeks, including taper) use only.
多くの個人、学会、政府機関が短期間(2~4週間、テーパーを含む)使用だけを尊重している。

There are reputable ‘prescribing guidelines’ calling for such use around the world. In 2016, NYC & PA issued short-term government guidelines.
 世界中で使用されるような評判の良い「処方ガイドライン」があります。2016年には、ニューヨークシティーとペンシルバニアで短期間(使用)政府ガイドラインを発行されました。

The VA/DoD 2010 Practice Guideline for the Management of PTSD recommends against the use of BZs for PTSD.
アメリカ合衆国退役軍人省/国防総省 2010年 PTSDの管理の為の臨床ガイドラインは、PTSDに対してベンゾ系を使用しないことを推奨しています。

Today, the VA cites a meta study by Guina et al., claiming that PTSD is made 2-5 times times worse with BZs.
 今日では、アメリカ合衆国退役軍人省はGuinaらによるメタ研究を引用して、PTSDはベンゾ系によって2~5倍悪化させると主張しています。

The traffic moving through BenzoBuddies.org is substantial. In December 2017, there were 3,249,912 page impressions of the forum alone. For all of 2017, the total number, for the forum alone, was 46,627,350. A general search for the term “benzo withdrawal” yields 14,000 personal video blogs on YouTube as of 2018.
 BenzoBuddies.orgのやりとりは相当です。2017年12月には、フォーラムだけで3,249,912ページ表示されました。2017年全体では、総数はフォーラムだけで46,627,350でした。「ベンゾ 離脱」という用語を一般検索すると、2018年時点でYouTubeに14,000の個人ビデオブログが表示されます。


Never abruptly stop or rapidly reduce the benzodiazepine class of medication. Doing so may cause seizures, psychosis, suicide ideation/action, severe withdrawal, neurological damage/insult, and/or death). Consult The Ashton Manual (benzo.org.uk/manual) and share it with your medical provider. Some medical professionals may be ill-informed about BZ physical dependence, withdrawal, slow tapering protocols, and/or neurotoxicity, but their cooperation may be necessary. Any information provided on this handout should not be substituted for the advice of a healthcare provider who is well-informed about prescribed benzodiazepine physical dependence, withdrawal, and neurotoxicity.
 ベンゾジアゼピン系の薬は決して突然止めたり急速に減薬しないでください。発作、精神病、自殺念慮/行動、重度の離脱、神経損傷/ダメージ、および/または死亡する可能性があります。アシュトンマニュアル(benzo.org.uk/manual)に助言を求めて、それをあなたの処方医と共有してください。一部の医療専門家はベンゾ身体的依存、離脱、漸減手順、および/または神経毒性について十分知識を得ていないかもしれませんが、彼らの協力が必要になるかもしれません。この資料が提供するいずれの情報は、処方されたベンゾジアゼピン身体的依存、離脱そして神経毒性について十分知識を得ている医療従事者のアドバイスに置き換えるべきではありません。


w-bad.org

benzoinfo.com

benzo.org.uk


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です