理想が現実になるアファメーションについて パート2 | About affirmations where ideals become reality Part 2


 アファメーションとは現状から理想の未来へ引き上げるための、自分自身への言葉がけです。前回に引き続き、アファメーションについてパート2です。

アファメーションの作り方(全11項目)のつづき

4.「達成している」という内容にします

「私は~をしている」「私は~を持っている」「私は~になった」のように理想を達成している状態を表す言葉で書きます。

「私は~をすることができる」「私は~したい」のように未達成状態に留まる言葉は避けましょう。

「私は~しなければならない」「私は~をすべきだ」のように自発的ではない言葉は自尊心に悪影響を与え、いい成果は得られないので絶対にやめましょう。

5.決して比較をしない

「私は~より優れている」のように、自分以外の存在を含めないようにします。

6.動を表す言葉を使う

 あなたが理想達成をリラックスして味わっている状態を書きます。

7.感情を表す言葉を使う

 ゴールを達成したときの感情が再生されるように言葉を選びます。

NEXT

 残り4項目は次回にご紹介します。

 

参考図書:
まずは親を超えなさい! 苫米地英人 著 →文庫化(改題・再編集)→ 夢をかなえる方程式 苫米地英人 著


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です